忍者ブログ
勉強します。
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

消費関数
C:総消費 C_0:所得と独立に決まる消費(生存を維持するための最低水準の消費など)
c:所得から消費へ向けられる割合 Y:総所得

C=C_0+cY

所得がきまったときの消費の決まり方を表現したもの。

限界消費性向 貯蓄

財市場におけるマクロの需給均衡とGDPの決定
(総需要が消費と投資からなるという仮定のもとで)
有効需要原理は

Y=C+I

となるようにY:所得が決まると主張する。
消費関数とあわせて、IがきまればY(GDP)が決定できる。

会計上の恒等式と経済理論の均衡式
会計上の概念では、YとC+Iは実現値として常に等しくなる。
経済学で需要C+Iと供給Yを考えるときは、「願望」としての需要供給を考えている。
Y>C+I、Y< C+Iという場合があり得る(むしろ普通)が、Y=C+Iとして考えるのは均衡Yが安定であり、現実の供給をよく近似するものと考えられるから。

ISバランス
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(03/11)
(03/09)
(03/03)
(03/02)
(02/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索